スタッフブログ STAFF BLOG

鎌倉の街並みに映える和装の結婚式 ~伝統的な柄に込められた想い ~vol.1

みなさまこんにちは。

KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館のブログをご覧いただきありがとうございます。

歴史と伝統が息づく古都・鎌倉。海と山に囲まれた自然豊かなこの地 鎌倉には、和装が本当によく似合いますよね。

KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館を訪れる新郎様新婦様も、和装での挙式を希望される方が数多くいらっしゃいます。

 

白無垢や色打掛、振袖など、花嫁を彩る美しい和装には、それぞれに意味や願いが込められています。

そこで今回は、和装の柄に込められた様々な意味についてご紹介します。

 

まず、代表的な柄として ≪吉祥文様≫ というものがございます。吉祥文様とは、縁起が良いとされる伝統的な柄で、結婚式にふさわしい、幸せや繁栄、長寿などを願う意味を持つ柄が多くあります。

今日はその中から3つ、ご紹介いたします。

≪松竹梅≫

松は長寿、竹は生命力、梅は早春に咲くことから縁起の良い花として、広く知られています。

≪鶴≫

鶴は千年、亀は万年と言われるように、長寿の象徴です。また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきました

≪亀(亀甲)≫

亀の甲羅は固く身を守れることから「健康」、また亀を象徴していることから「長寿」、さらに昔のお金の形に似ていることから金運がUPするともいわれており、まさに「長寿吉兆」の縁起の良いものとされています

和装の柄は、単なる装飾ではなく、それぞれに意味や願いが込められています。結婚式という特別な日に、ご自身の想いを込めた柄を選ぶことで、より思い出深い一日となることと思います。

KOTOWA鎌倉鶴ヶ岡会館では、花嫁様の希望や想いに合わせた様々な和装をご用意しております。経験豊富なスタッフが、お客様一人ひとりに寄り添い、最適な和装選びのお手伝いをいたします。

 

鎌倉で和装の結婚式を挙げたいとお考えの方は、ぜひKOTOWA鎌倉鶴ヶ岡会館にご相談ください。

スタッフ一同、心をこめておもてなしいたします。

まずは#おうち時間 で

↓↓ 会場について知りたい方 ↓↓

当会場の先輩カップルレポートや
↓↓ ウェディング情報について知る ↓↓1

一生に一度の結婚式、

5年後も10年後も50年後も色褪せない

古都鎌倉で皆様をお待ちしております。

〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町2-12-27

お問い合わせ0467-61-2139

最新の記事

カテゴリ

バックナンバー

KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館の魅力を
フェアでご体験ください

KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館 が選ばれる理由 KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館 が選ばれる理由
  • 見学・フェア予約専用0120-19-1815

    [営業時間] 10:00~18:00 (年末年始除く)

  • お問い合わせ0467-61-2139

    [営業時間] 土日祝 9:00~20:00 平日12:00~18:00(火・水曜定休 / 祝日除く)

ページTOP