STAFF BLOG スタッフブログ

時代を超えて…

皆様こんにちは!

9月も半ばになりましたね。

白い雲が映える夏。

夜空に月が美しく輝く秋。

2つの季節が味わえる今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか?(*^^*)

本日は司会者がブログをお届けします

早速ですが今では、当たり前の様に結婚式で目にする

「指輪の交換」

その歴史を紐解いてみたいと思います。

そもそも、指輪の交換は

いつ頃はじまった儀式なのでしょうか?

実は日本で結婚指輪の交換を行うようになったのは、

明治時代からです。

鎖国の時代が終わり、文明開化とともに

教会式の挙式スタイルが日本に浸透しはじめます。

その時、人々が目の当たりにしたのが結婚指輪の交換です。

洋装や海外の文化が広まっていく中で

結婚式においても、時代の先端を行くカップルは

次第に教会式の結婚式を選択するようになり、

それに伴い、結婚指輪の交換も広まっていきました。

その後、結婚リングの広告が登場したことで

ますます注目を集め、

大正時代には結婚するときの必須セレモニーとして

結婚指輪の交換が定着しました。

という事は、少なくとも

私達のおじいちゃん・おばあちゃんの時代以前から、

指輪を贈り合う風習が、現在も続いているという事ですね。

鎌倉時代に優れた歌を選びまとめた和歌集

「小倉百人一首」の中に

今の季節を詠う一首があります。

“いまこむといひしばかりにながつきの、

ありあけのつきをまちいでつるかな”

(現代訳)

あなたが「今行きます」と言ったばかりに、

九月の長い夜の、有明の月が出るまで、

私はあなたが来るのか来ないのか考えながら、

お待ちしてしまったことだ。

…昔も今も、変わらず人は恋をしているんですね…(/ω\)

結婚式の中でも、

“時代と共に変化を遂げるもの”と

“変わらずずっと、そこにあるもの”

がありますが、両方を大切にしていけたらいいですね♡

お2人のスマイル(ご披露宴)の中にも

ずっと色褪せる事ない想い出を

お創りしていきましょうね。

お会い出来る日を楽しみにしています!

ご覧頂き、ありがとうございました(*^^*)

 



 

\3年連続受賞!!/

《2020年 大阪府ゲストハウス部門 総合1位》

《2020年 大阪府 料理部門1位》

《2020年 大阪府ゲスト満足度1位》

《2020年 大阪府進行演出部門1位》

《2020年 大阪府ゲストハウススタッフ 1位》

みんなのウェディング口コミ評価
みんなのウェディング

 

The33キャスト一同皆様と
お会いできますことを楽しみにしております
~Presented by Dears Wedding~
33
530-0001
大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9
ブリーゼブリーゼ33階
☎06-6347-1033

最新の記事

カテゴリ

バックナンバー

The 33の魅力を
フェアでご体験ください

The 33 Sense of Wedding が選ばれる理由 The 33 Sense of Wedding が選ばれる理由
  • 見学・フェア予約専用0120-19-1815

    [営業時間] 土日祝 10:00~18:00 平日11:00~19:00(年末年始除く)

  • お問い合わせ06-6347-1033

    [営業時間] 土日祝 9:00~20:00 平日12:00~18:00

ページTOP