WEDDING REPORT ウエディングレポート

2020.11
卓さま & 真紀さま

【75名Party】感謝を伝えるウエディング

ゲスト数
75名
会場
BANQUET SIISTINA

新郎様・新婦様より

この式場に決めた理由

情報誌で式場を探していたところ
自然溢れる会場に一目惚れをしました。
県外の友達を沢山呼びたいこともあり、仙台駅近くの会場を見学しましたが、やはり忘れられず、見学だけ…と行くことになりました。
実際に行ってみると緑が豊かで水が流れており、チャペルの中には自然の光が溢れ、思っていた以上に素敵でした。
式場から道路が見えないので、日常から少し離れて、自分たちの大好きな人たちと大切な時間を過ごせると感じました。

披露宴会場には360度スクリーンがあり、お料理も美味しく、スタッフの皆様も温かく、細かいことにも気配りが行き届いてここで結婚式をしたい!と思いました。心配していた交通の便のことを相談すると、バスを手配していただけることになり、決めました。

打ち合わせのポイント

仕事柄忙しい月があるので、その月を避けてスケジュールを組んでいただきました。
特に私たちはこだわりや知識もなかったので、ふわっとしたイメージを伝えました。
プランナーさんがいろいろ提案してくださったり、今までの結婚式でのエピソードをお話くださったりしたことで、具体的に自分たちがやってみたいことを形にすることができました。

挙式のポイント

私たちはキリスト形式の挙式にしました。
親戚のお子さんにリングボーイ、リングガールをお願いしたことで、和やかなで笑顔溢れる式になりました。

披露宴のポイント

大切な方々と過ごす時間を沢山とりたいことや記録に残したい思いから、各テーブルにインスタントカメラを置いたり、フォトラウンドでテーブルを回ったりしました。ゲストの方と沢山お話したり写真を撮ることができてよかったです。
デザートビュッフェではおそばや、ご飯も取り入れたことで、男女問わずみんなに喜んでいただけたかなと思います。

演出のポイント

披露宴の最初の登場シーンではカーテンモーションを行い、ガーデンから入場をしました。
打ち合わせの中で見せていただき、絶対やってみたい演出でした。
ゲストの皆様もびっくりしていて、とても盛り上がりました。

1番の目玉の新郎の中座では友人にも協力していただき、アニメのテーマソングに合わせ、犬の着ぐるみを来た友人を先頭に退場しました。
大人から子どもまで聞き馴染みのある曲や童謡を取り入れたことで、みんなが楽しめて盛り上がれる時間になったと感じました。

当日の感想

私たちは打ち合わせの期間が元々長く、結婚式当日まで1年間ありました。
その間にコロナが流行り始め、他の方も同じ気持ちだったと思いますが、本当に結婚式を挙げていいのか、県外の親戚や友達も多かったため、どの様に進めていったらいいものかとても悩みました。
この様な状況下の中結婚式の日程を延期したり、直前まで人数変更があったり、プランの変更があったにも関わらず、いつも親身になって話を聞いてくださり、コロナ禍でもやりたいことをどうしたら実現できるのかを一緒に考えてくださったプランナーさんには感謝してもしきれません。
また、映像演出担当の方には、遅くまで長い時間いろいろなことを相談させていただき、真剣に考えて自分たちの流したい曲、映像を実現することができました。
当日は緊張することもなくずっと笑顔で、打ち合わせの期間は長かったですが、あっという間に楽しい時間が終わってしまいました。
当日、安心して楽しく過ごせたのもプランナーさんを始め、彩桜邸のスタッフの皆様の温かい笑顔、細やかな気配り、心配りがあってこそだと思います。
参加したゲストの方々からも「とっても素敵な結婚式だった」「楽しい時間をありがとう」「最高だったよ」という嬉しいお言葉を沢山いただきました。
本当にここで結婚式を挙げることができ、よかったです。
ありがとうございました。

プランナーからのメッセージ

卓さん 真紀さん

この度はご結婚、誠におめでとうございます。

また、おふたりにとって、一生に一度の大切な一日を、当けやき坂彩桜邸にお任せいただき、誠にありがとうございました。

おふたりと初めてお会いしたのは約1年半前。
楽天が大好きで、いつも元気いっぱいな卓さん。
そして、笑顔がとても素敵で、そんな卓さんにツッコミを入れながら、優しく見守る真紀さん。
これまでの人生の中で、長い時間を共に過ごしてきたおふたりは、お互いを分かち合い、どんな時も息ぴったりでしたね。
そんなおふたりとのお打合せはいつも、とにかく元気と笑いいっぱい。
お打合せを重ねる度に、おふたりのご結婚式当日がとても楽しみでした。

前撮りは緑がとても綺麗な時期で、ご両家のご家族の皆様、そして、おふたりの愛するワンちゃんまで一緒の撮影は、終始和やかなお時間でしたね。

沢山のお時間をかけて一緒にご準備をしてきて迎えた当日。

挙式はキリスト教式のしっかりとした雰囲気の中に、可愛らしいお子様ゲストのご登場に、チャペル内が温かい雰囲気に包まれていましたね。

最初のお打合せから「たくさんのゲストを招待して、和やかなお時間にしたい。」と話されていたおふたり。
披露宴では「ゲストの方と近くで過ごす時間」を大切にされましたね。
おふたりとゲストの皆様はもちろんのこと、ゲストの皆様同士も沢山お話をされている姿が印象的でした。
各卓にインスタントカメラをご用意され、特にお子様ゲストは、ご披露宴が始まる前から楽しそうに撮影をされていらっしゃいました。
会場でお見せした際から、「絶対やりたい!」とすぐに選ばれた、入場の際の大迫力のカーテン映像。
おふたりらしい笑顔溢れる写真の数々が映し出され、ガーデンからのご登場は、ゲストの皆様も大盛り上がりでしたね。
ファーストバイトのアイテムは当日まで、お互いへのサプライズ。
おふたりそれぞれがご用意されたアイテムを事前に知っていた私は、お仕事柄、おふたりともに似たようなアイテムをご用意されていることに、微笑ましさを感じておりました。
そして、おふたりもお気に入りの卓さんの中座シーン。
「ワンちゃん、当日は来れないしなぁ…」
「でしたら、中座で着ぐるみを来たゲストにエスコートしていただきましょう!」
こんな最初の会話から始まったこの企画。
当日、ギリギリまで確認する卓さんとご友人様のお姿に、中座シーンにかける熱い思いを感じました。
サザエさんのお決まりの曲と、沢山練習された振り付け。お揃いのマスクを付けながらのご中座は一体感もあり、今の時代を生かした演出でしたね。
真紀さんの祖母様との感動的な中座と、笑いいっぱいの卓さんの中座で、とてもバランスの取れた和やかなお時間となっておりました。

どんなお打合せの後も、「楽しかったです!」と話してくださったおふたり。
順調に進んでいたお打合せの最中、誰もが予測をしていなかった感染症拡大という事態。
不安や悩みでいっぱいのおふたりと、沢山お話した日。
きっとそれまでも私の見えないところで悩んだ日もあったと思います。
その中で、おふたりが選ばれたのは「やっぱり結婚式するなら沢山の人を呼びたい」という結論。
おふたりの想いが実を結び、迎えた当日。
会場内に沢山のゲストがいらっしゃる姿を見て、私も胸が熱くなった瞬間でした。
あの時、おふたりが出した答えこそ、「おふたりらしい」ご結婚式を叶えるために必要だった答えだったのだと思います。

お打合せ期間中、沢山の温かいお言葉の贈り物をしてくださったおふたり。
お打合せを担当させていただいたキャストがいつも声を揃えて言っていたのは、「楽しませていただいるのは私たちです。」という言葉でした。
おふたりがプレゼントしてくださった沢山の素敵なお時間は、私たちにとっても宝物となりました。
おふたりに出会えたこと、こうしてご縁をいただけたことに、心より感謝申し上げます。

おふたりが伝えてくださったこのメッセージこそ、これからご結婚式を迎える新郎新婦様への強い味方となるはずです。

結婚式はおふたりにとって一生の宝物となる大切な日。
この一日がこれから先も、おふたりにとって心の原点として在り続けますように…。
おふたりの笑顔輝く、末永いお幸せをお祈りしております。

  • 見学・フェア予約専用0120-19-1815

    [営業時間] 土日祝 9:00~20:00 平日12:00~20:00(年末年始除く)

  • お問い合わせ022-348-7350

    [営業時間] 土日祝 9:00~20:00 平日12:00~19:00(火・水曜定休 / 祝日除く)

ページTOP