STAFF BLOG スタッフブログ

親御様のお衣裳について

こんばんは。

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

ご結婚が決まり、親御様にご報告された時どんな表情をされていましたか?

ご結婚式会場が決まった時、親御様は何とおっしゃっていましたか?

きっとおふたりのご結婚式を誰よりも楽しみにしてくださっているのではないでしょうか。

ご結婚式当日は親御様にとってもハレの日。

挙式のエスコートやゲストへのご挨拶など大切なお役目も果たしてくださいます。

ご両家にとっても大切な日の装いだからこそ、

親御様はモーニングと留袖でゲストをお迎えすることがお勧めです。

《黒留袖の歴史》

かつて、留袖は既婚女性が普段着で着用する着物全般を指していました。

江戸時代、女性は結婚した後に、それまで着ていた振袖の袖を短く仕立て直し

、身八口を縫い留めるという風習がありました。

袖を「切る」というと「縁を切る」で縁起が悪いため「袖を留める」「留袖」となったのです。

その中でも、黒く染めた留袖に五つ紋(背中、前の左右、袖の左右の計5つに家紋)を入れ、裾だけに模様を配した着物が広まり、留袖といえば黒の式服を指すようになりました。

留袖が黒いのは西洋のブラックフォーマルの概念が影響を及ぼしたとも言われ、

明治以降には現在のような黒留袖が一般的になったようです。

《なぜ、結婚式には黒留袖・モーニングなの?》

黒留袖は、既婚女性の結婚式などの慶事での第一礼装です。

黒留袖は、地色が黒で柄は裾部分だけにあり、縫い目で途切れない絵羽模様になっているのが特徴です。

柄は古典柄から現代的でモダンにアレンジされたデザインまで、さまざまなものがあります。

季節感もあえて感じさせず、通年通して着られるデザインが多くなっています。

お父様のモーニングに関しては、以前は紋付き袴が主流でした。

挙式スタイルが神前式からチャペル挙式に変わるにつれ、

バージンロードを歩く新婦様とのバランスも考えモーニングになったと言われています。

モーニングは黒留袖と同様、格式の高い礼装となりますので、

格の高い黒留袖・モーニングでゲストをお迎えすることで、ゲストへ最大限の敬意をあらわし、

礼を尽くすことにつながります。

ご親族様には、この機会にお着物をお召しになられる方も多くいらっしゃいます。

色留袖や振袖など、和装のゲストがいらっしゃると、より華やかになりますね。

ご列席されるゲストの和装もレンタル可能ですので、お気軽にお問合せください。

《カジュアルなご結婚式には》

ご親族様のみの食事会で、堅苦しいのは・・・

という場合には、アフタヌーンドレスなど洋装でのご列席もおすすめです。

着物でいう黒留袖と同じように、洋装の場合でも「黒」が一般的となります。

“派手にし過ぎてはいけない”といっても、あまりに控えめになってしまわないように

コサージュやネックレスなどの小物で結婚式らしい華やかさをプラスできると良いです。

新郎新婦様の意向や結婚式場の雰囲気、黒にこだわらなくても良さそうであれば、

濃紺やグレー、シーンによってはベージュ等の淡いお色味のドレスも素敵です。

 会場のドレスショップでは、親御様のご衣裳のレンタルも行っております。

ご遠方にお住まいの親御様にはWebでのご注文やお見立てでのレンタルも可能です。

お気軽に担当プロデューサーにお問い合わせください。
ブライダルフェアのご予約も随時受付中!

↓ご予約はこちらから↓

まずは#おうち時間 で
↓↓ 会場について知りたい方 ↓↓

当会場の先輩カップルレポートや
↓↓ ウェディング情報について知る ↓↓

みんなのウェディング口コミ評価
みんなのウェディング


# 感謝 # 笑顔 # 奈良 # 結婚式場 # 人気

 

最新の記事

カテゴリ

バックナンバー

KOTOWA 奈良公園 Premium Viewの魅力を
フェアでご体験ください

KOTOWA 奈良公園 Premium Viewが選ばれる理由 KOTOWA 奈良公園 Premium Viewが選ばれる理由
  • 見学・フェア予約専用0120-19-1815

    [営業時間] 土日祝 10:00~18:00 平日11:00~19:00(年末年始除く)

  • お問い合わせ0742-25-4122

    [営業時間] 土日祝 9:00~20:00 平日12:00~18:00(火・水曜定休 / 祝日除く)

ページTOP

>