WEDDING REPORT ウエディングレポート

2022.05
純平さま & 葵さま

【39名Party】はじまりの結婚式

結婚式とは
2つの家族が1つの家族になる「はじまりの日」
新郎新婦様が夫婦になる「はじまりの日」
これからの人生を共に過ごすための
愛の誓いをする「はじまりの日」

すべてが新たにはじまる日
その1日は笑いあり、涙あり
そんな素敵な「はじまりの結婚式」をご紹介します。

ゲスト数
39名
会場
BANQUET AYANE

新郎様・新婦様より

KOTOWA 京都 八坂を選んだ理由

この会場を選んだ理由は、演出、料理、スタッフの3つです。

11月から式場を探し始め、いくつか条件に合ったところを回りました。
その頃はまだ二人とも東京で仕事をしていたので、
会場に行くのにお金も時間もかかりました。
なので、スケジュールとにらめっこしながらとても慎重に選んで行きました。
最も重要視していたのは、料理のおいしさと料金でした。
親族のみとはいえ、地方から来る人が多く、せっかく来てもらったなら
おいしいものを食べて、心もお腹も満足していってほしい。
そして、交通費や宿泊費も含めての料金を計算しながら、
予算内でゲストを楽しませられるところを探していました。
ディズニーの衣装が着られるところや1日貸し切りで使えるところ、
会場のデザインにこだわったところや
チャペルの演出に工夫が施されているところなど、
どこも良さがあって悩んでしまいました。
そんな時、KOTOWA 京都 八坂さんの見学に行き、
料理のクオリティと演出に驚かされたのを覚えています。
料金のことで悩んだものの、それに見合う魅力に、
KOTOWA 京都 八坂さんで結婚式を挙げることに決めました。

挙式・パーティーを終えて

挙式では、リングボーイの子がリハーサルではもじもじしていたのに、
本番では、恥ずかしさからダッシュで運んで来たり、
子供たちに向けたお菓子ブーケで新婦側の子供たちで取り合いになったり、
楽しい出来事がいっぱいでした。

披露宴ではたくさんのサプライズをしました。
まずは両親へのインタビュー。
そして、再入場でのサプライズ。
ウエディングケーキのファーストバイトでは、
新婦のビッグスプーンよりも大きなギガビックスプーンが登場するサプライズ。
両家によるカラオケ大会では、最後に新婦お父様と新婦お母様が
デュエットすると伝えていたのに
実は新婦お父様と新郎とで歌うというサプライズ。
ここで予想外に新婦お父様が涙。これには会場全体が涙を誘われました。
最後のスタッフ全員と行うサプライズも大成功でした。
全てが予想以上の成果で、あっという間の思い出となりました。

みんなが帰った後も、スタッフ方と写真を撮ったり、
食事をいただきながら担当いただいた長井さんと長い時間語り合ったり、
余韻に浸っていました。
思い返すとやってよかったものばかりで、
KOTOWA 京都 八坂で挙げて本当に良かったと改めて感じました。

打合せ期間のエピソード

一旦はKOTOWA 京都 八坂さんで式を挙げると決めたものの、
コロナ感染者数が増加し、一度キャンセル依頼をしました。
しかし、担当してくださった長井さんが、今後の状況や私たちのことを考え、
様々な提案をしてくださり、式を挙げることにしました。
その後も、ゲストを喜ばせるためのサプライズをいろいろ考えてくれたり、
司会のオファーやなど、たくさんわがままを聞いてもらいました。
リモートでの打ち合わせが主になりましたが、
滞りなく進められてよかったです。
打ち合わせ以外でも何度も何度も相談のメールを送りましたが、
毎回真摯になって受けてくださいました。

KOTOWA 京都 八坂さんの魅力は、料理のクオリティと演出力、
そしてスタッフの包容力にあると思います。
演出も、見学に行ったときのものだけでなく、
その後の相談によってそれぞれの担当スタッフが私たちの希望に合う方法を
考えてくださいます。
当日もスタッフ全員が臨機応変に動いてくださいました。

こだわりポイント

子供のゲストが多かったせいか、子供の話と演出のことが多かったです。
挙式での子供たちの面白エピソードはみんなが話していましたし、
ムービーやカラオケ、サプライズのことなど、様々な場面の感想を聞きました。
こだわりポイントはやっぱりスタッフとの関係性です!
式場を探し始めた時には予算のことが一番気にかかりましたが、
式を終えた今は、予算のことも含めて
いろいろと相談できるスタッフがいることが大事だと感じます。
予算内でもできることを考え、実現に向けてスタッフの方々が
協力してくださったからこそ素敵なものができたのだと思います。
いくらでできるか、よりもこの中でどれだけできるかを
探る方が楽しかったですし、可能性が広がりました。

それほど多くのものが心に残っているのだと思うと、
私たちがスタッフとともに練ったかいがあります。

「~がすごかった。」「~は面白かった。」「子供たちがかわいかった。」
「~にはびっくりした。」「よかった。」「料理が美味しかった。」・・・
どれも嬉しい言葉ばかりで、式を挙げることができてよかったです。
また、親族のみだからこそ気兼ねなくでき、
より関係を深めることができて本当に良かったです。

プロデューサーからのメッセージ

純平さん 葵さん

改めましてこの度は誠におめでとうございました。
おふたりのご結婚式のお手伝いができましたこと大変嬉しく思います。

初めておふたりとお会いしたのは2020年の秋。
そこからお打合せ期間1年6カ月。
おふたりが遠方にお住いだったこともあり
オンラインが基本のお打合せでしたね。
おふたりがオンラインで見せる日常感が大好きで、
お打合せが毎回楽しみでした。

おふたりとの1番の思い出はもちろん、当日も最高の思い出ですが、
2021年春頃です。
純平さんから「キャンセルします」とお電話をいただいた際は、
本当にびっくりしました。
ただ話をお伺いすればするほど、絶対に結婚式をしないと
おふたりは後悔してしまうという気持ちから
3か月ほどお見積りを含めご提案を何度もさせていただきました。
私も半ばあきらめかけていた時、おふたりから「やっぱり結婚式やります」、
「長井さんがそこまで言うなら、一緒にやりましょう」とおっしゃっていただいた時は
本当に嬉しかったです。

当日はおふたりと考えに考え抜いたサプライズで
会場中は笑いの渦に。
そして、大盛り上がりのカラオケ大会は笑顔ではじまり、
誰もが予想だにしなかった涙の結末でした。
純平さんと葵さんのお父様が二人で肩を並べてカラオケをしているシーンは、
ゲストはもちろん、葵さんとKOTOWAキャストまで涙してしまうほど
会場中は感動の渦でした。
そして、おふたりの披露宴が結んだあと、おふたりから
「本当に価値のある結婚式でした。あの時長井さんがキャンセルしないように
説得してくれてよかったです。」とおっしゃっていただいた時、私の心も満たされました。
正直、おふたりにとってベストな判断が私にもわからず
「これでよかったのか。」何度も考えたこともありました。


純平さんと葵さんと一緒にご結婚式のご準備ができた期間は
私にとって素晴らしい時間でした。
KOTOWA 京都 八坂キャスト一同と一緒に過ごしていただきました期間は
純平さんと葵さんにとって素敵なものになりましたでしょうか?
思い出に残る日々になっておりましたら幸いでございます。

またいつでも遊びに来てください。
KOTOWA 京都 八坂キャスト一同KOTOWA 京都 八坂でお待ちしております。

KOTOWA 京都 八坂
ウェディングプロデューサー
長井

  • 見学・フェア予約専用0120-19-1815

    [営業時間] 土日祝 10:00~18:00 平日11:00~19:00(年末年始除く)

  • お問い合わせ075-551-4122

    [営業時間] 土日祝 9:00~20:00 平日12:00~18:00(火・水曜定休 / 祝日除く)

ページTOP